MTDLPと背景

今回の湘南OTは「生活行為向上マネジメントと背景」とのタイトルで実施させて頂きました。

世の中は協会認定の講習を受けたものだけが、加算を算定できるとあって、講習会が

キャンセル待ち!との状況で、「祭」状態です。

しかし、機能訓練を主とした介入をしており、ボトムアップ的思考を持っている方々が、

この認定研修を受講することで、大きな変換に適応できるのでしょうか?

とてもできているとも思えませんし、できるとも思えません。

作業を主目標として、その作業への関わりを通して、機能やADL、IADLなどに波及させていく

こういった方法は、OBPやトップダウンなど、作業行動系のパラダイムを理解した人が

一生懸命学び、経験し、やっとその効果を出すことができます。

ゆえにツールを開発し、それを普及させる!これだけでは、使いこなせないと感じました。

そのため、今回は検査から問題点を抽出し、改善策を導入するボトムアップ主流から

どのような歴史や、考えの変遷があり、生活習慣を整え、自己決定を促し、作業に適応を

目指す。この大きな変更を理解してもらいたいと、企画しました。

今、世界では「治す」ことが唯一の良いことではないことに気づき、

治す医療だけではなく、

「障害と共に生きる医療」「障害を進行させない医療」「障害を発生させない医療」と

選択肢が増えています。

今までは、「人を回復させ作業へ」との考えが主流でしたが

最近では「作業の効果を利用し、人を回復、もしくは人と作業をコラボさせ適応」と

大きく考えが変わってきています。

これを踏まえた上で参加されると、生活行為向上マネジメントはその本当の力を

OTによって引き出すことができ、対象者をより豊かな生活に導けると思います。

一人でも多くの方が、新しいパラダイムに移行して下さることを願っております。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square