失語症の作業療法

連続新スライド祭の最後!

失語症の作業療法!!

これで私のスライドを作り続ける日々が終了し,

日常にちょっとの余裕が生まれます\(^o^)/

失語症の作業療法でお伝えしたかったことをまとめますと

① 面接できない!作業療法にならないよ~(>_<)

→話せる or 話せないだけにとどめない

 ちょっと勉強すると,それにプラスして非言語を含めた意志疎通も見ます.

 ここまでは他部門さんもみますが,ここ+αをみることができるとOTになる

 例えば,話もできる!意志も伝わった!でも・・・この人嫌だ!

 こう思われては,生活に支障があるので,そこもみる!

 そう!社会交流技能です!

 ACISというOTの評価法があります!!これを知りましょう!!

 そうすると,面接ができなくても行動観察である程度分かる部分もでます

② どんな介入をしたら作業療法になるの~?

→1)意志伝達などの交流するということを作業と捉え,

   これを解消することから始めていきませんか?

 2)言語を介さず,図形や写真を用いてイメージで内容を共有!

   言語は分からなくても,イメージは理解できることも多い!

 3)失語症の伝えたい事にあたりをつける!

  そんな複雑な要求はしていません.

  大抵は,生理的欲求,安全欲求,交流に関する事項です.

 4)上記が済んだら作業を探す!

  作業は聞いても分からないので,手当たり次第に提供して反応で察する

ここまで3部作で実施して参りましたが,

強く言いたいことが1つだけあります.

それは・・・・

これまで疾患別に分け実施してきましたが,

分かって頂けましたでしょうか?

どの疾患であっても,作業療法理論を理解していると

対応できるということです.

作業療法士は人を知り,人の行動である作業を捉えるのです.

変える目標は作業です.

多くの方が作業療法士として,作業療法を実施してくださることを

心から願っております.

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square