作業科学


作業療法士は作業を使ってきましたが・・・

トイレ動作練習,畑などの作業,余暇の作業が

どのように効果があるのかを世に示す必要が出てきました.

その学問開発には,人を部分として捉えるのではなく

現象学,社会学,文化人類学といった知識が必要だと分かる!!

そうして,作業科学は作業の効果を探す学問として誕生!

作業科学では様々な作業を明らかとしてきました.

作業は,その作業だけに留まらず,広がって行く!!

そして作業を行う空間や時間等,環境の文脈によって

作業を促す場合もあれば,プレッシャーを与えて作業を疎外する

そういった場合もある

作業を深めることで,機能買う回復だけ!

そういった単純なことに留まらない事を知ることができた!

作業を深めていくと,その人それぞれに作業が異なること

人生で歩んできた道を知ることの重要性に気づく.

作業は人生を聞く事で明らかにしやすいことが分かり

作業療法では面接評価が多く開発された!!!

他にも同じ作業でも,それに対する取り組みが異なることが多く

心理学の分野の知識を借りて,作業を解釈することも多くなる!

WFOTにおいて作業科学は

とても重要だと述べられていた!!!

OTとしてとても重要な知識なんだと思います!

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square